【水彩紙研究】ウィンザーアンドニュートン プロフェッショナル水彩紙中目のレビューと特徴

イギリスのW&Nから出ている水彩紙です。
W&Nの絵の具と一緒に使ってもらうことを前提としてるのかな?
でも、白色が美しいのでどんな絵の具でも発色豊かに受け入れてくれそうです!

表面が割と滑らかで、ペン入れも楽々でした。
発色が良くて、絵の具の広がり方も均等、肌の質感もホワッと出るし、普通に塗ってもしっかり定着してくれます。
乾いても色の沈みがありませんでした。
ウェットオンからのぼかしも、ちょうどいい場所で絵の具粒子が止まってくれて、水の境界まで広がりすぎない。
もちろん、マスキングも楽々です。

ぬ、塗りやすい・・・!
どう絵の具を重ねても受け入れてくれる・・・!

そう、くせがないです。どう特徴を書こうか悩むほどくせがない。
水彩紙、中庸なスタンダードなものが欲しい!と思った時には迷わずこれをお勧めします。
もうちょっと癖のある塗り方をすればその効果も発揮してくれるのかも?(塩とか境界作るとか)
どっちにしろ、どんな塗り方でも上手くいきますww

ちなみに、リフトや修正は早い段階ならある程度効きます。でも乾いてからはほぼ不可能です。

スキャン後。

そろそろ展示用の本番描きたい!って方には挑戦しやすいお値段ではないでしょうか。
いろんな技法や塗り方をこれでこの紙で研究できますね!

W&Nプロフェッショナル中目の特徴
・クセのない均一な広がり方
・表面強度強い
・リフトや修正は乾いた後は不可能
・どんな塗り方でも抵抗なくできる
・発色がよく乾いた後も明るい色が沈まない
・水彩技法に慣れてきた中級者向け