ぎゃらりぃあと公募展「婚礼は淡雪と。」参加

ミニ額縁の絵を描いてみる

近所の雑貨屋さんにミニ額縁がセール品として売っていました。
そこは私は「カオス屋さん」とか「カオス商店」とか勝手に命名しているんですが、ほんとに売ってるものがカオスなのでちょうどいい名前だと思います←

カオス屋さんは生活雑貨からインテリア用品、おしゃれなグラスとかも売ってて、蚤の市みたいなかんじ。
この前会計待ってたら目に留まったのがパルテノン神殿みたいな柱の巨大なレプリカだったwそこらへんに立ててあったwwあと、米軍のシャワーとかww
嬉しいことに、オリーブの石鹸や無添加の洗剤が激安。

そこでミニ額が並んでいて、なかなかときめくものでした。
楽天でもそんなに安い価格なわけじゃないですよね・・・;近くにあるのはありがたいです。

楽天でミニ額縁を見てみる

色々買って、ミニ額の絵とかミニ原画(100均の)以外描いたことないか〜と思って描いてみることにしました。
今まで、展示用の大きい絵ばかり描いて来たので、ミニチュア作ってるみたいで新鮮な感覚です。
細かい筆使いに神経使います。目がぁ〜

絵って、庶民的な感覚でいうととても価格が高いし服みたいに実用的じゃないので手が出しづらいこともあるともいます。
でもこのミニ絵たちなら割と手頃な価格で原画を楽しめるという・・・すばらしいですね。
自分の周りに知り合いは多いけど、絵を描く人は割合的にとても少ないです。それで、なかなかアートを生活の中に持ってくることを難しく感じているようで、実用的なグッズの方に心が流れて行ってしまう傾向にあります。

印刷技術が発展した今、原画の力や魅力をアピールしていくのは、絵描きとしての使命の一つでもあるのかなと思っています。
私も好きな作家さんの原画をお迎えしたいです!(人気なのでね;)

 
ではでは(*´꒳`*)