ATC*DRESS.02仙台 参加します

コピックマルチライナー カラー・太さ比較

瑩は水彩を描く時に線画はコピックマルチライナーを使用しています。
水彩絵師さんは鉛筆線画の方が多いのですが、私は鉛筆の粉で色が濁ってしまうのが本当に嫌なんですよね。
できるだけ彩度を高めに保って塗りたいので、鉛筆跡は全て消しゴムかけしちゃいます。
 
コピックマルチライナー、いろんな太さがあるのですが、だいたい画材屋さんに行けば全部揃ってます。
私が使ってるのはこれら。0.8〜0.3mmです。

モノトーン系マルチライナー

太さ、色比較。
まずはモノトーン系。
最近はブラックだと線が目立ってしまうので、セピア系やブラウンを使用。ナチュラルに絵に馴染みます。
ブラックはモノトーン絵で勝負したい!って時に使います。

基本のブラック↓

Too コピック マルチライナー 4本組 ブラック Aセット

新品価格
¥864から
(2018/2/10 19:30時点)

人気色クールグレー↓ 鉛筆下書きと同じ感じに。

Too コピック マルチライナー 4本組 クールグレー セット

新品価格
¥864から
(2018/2/10 19:32時点)

カラー系マルチライナー

続いて、カラー系。
これはだいたい0.3が多いです。線画を一色に絞らず、ピンク+パープルとか、一枚の絵にいろんな色で線を描くのがお気に入り。

Too コピック マルチライナー 4本組 カラーセット

新品価格
¥777から
(2018/2/10 19:31時点)

水彩画用紙との相性

水彩画用紙との凹凸の相性もあるので、ベストな線画が書けるように研究が必要ですね(*´꒳`*)

私が試した感じだと、スイスイ線画が書けるのは下記の通り。

・荒目・・・0.5mm以上
・中目・・・0.3mm程度
・細め・・・0.1〜0.3mm

荒目に0.3を使ってしまうと、ペン先が水彩画用紙のボコボコに引っかかってしまって非常に書きにくくなるので、なるべく太めで。
なお、0.8ぐらいの太いペンになると、乾きが少し遅くなります。
書いてすぐ消しゴムが消して、線が汚れてしまう失敗がたまにあり;
いろいろ研究が必要です。

 

ではでは、今日はこの辺で。