ぎゃらりぃあと公募展「婚礼は淡雪と。」参加

「光の森展」感想レポ

昨日、仲のいい作家さんが作品を出している展示に行ってきました。
最終日で日曜だったこともあり結構来場者が多かった印象。
真っ白でとても綺麗な大きめのギャラリーでした。眼科の先生が建てられたギャラリーだそうな?敷地内に併設でした。
 

2階は集まった有志で、1階は動物をテーマにした公募展だった模様。
久しぶりにファインアートの作品を見て、大きい絵やっぱいいなぁ・・・!と感動。
F50とか自宅でなかなか描けないよねw
彫刻作品もあって、展示全体の質をぐっと引き上げていました。
あと、油絵の匂いが個人的に好きなので雰囲気プラスでw

 

2階の有志作品がとても魅力的なものばかりで、伝えたい想い、描きたい情熱がひしひしと伝わってきました。
なにかを伝えたい!と思って描く作品と、なんとなく描く作品は、ぜんぜん思い入れが違うじゃないですか。それがキャンバスや紙面を通して伝わってくる。
イラストもそうで、何か思いや真心で描いたものは美しい。けど、欲や荒んだ心で描いたものはぱっと見美しい作品なのに心に響いてこない。
そういうものなんだなぁとしみじみ。

出品していたある作家さんから作品の解説をしていただきましたが、はっきりと自分の世界観と伝えたいものがあって、(関西弁でノリが良くてすっごい面白い方だったw)それを形にしていました。
ちょうど宝石がモチーフだったので「今度二人展しましょう!」とスカウトしてみましたw
実現するのか!?

 

最近は自分はイラストの方面ばかりでしたが、また新鮮な気持ちで制作に取り組めそうです。
自分の分野を突き詰めることも大事ですが、こうやって他ジャンルのものをたくさん吸収していくのも大切な時間だなと感じます。

光の森展作家の皆様、お疲れ様でした!