ぎゃらりぃあと公募展「婚礼は淡雪と。」参加

行なったものだけが残る

羽根展のご来場ありがとうございました。
また6月はあお展がありますのでエントリーしようかと思います。
展示があるから描く、というわけではないのですが、自分で目標を決めてそれに向かっていくの大切だなと思います。
毎回ある交流会も、他の作家さんが頑張っている姿を見て刺激を受けるし、情報交換もできるので大変ありがたいです。
 
絵をどんどん残していくのは大切なんですが、時々「これ描いてて意味あるの・・・?」と思ってしまう時があります。
でも、その度に助けられている言葉が「行なったものだけが残るし、行なった人だけが勝利する」。
本当に真理だなと思います、実際問題。
下手でも足りなくても理解されなくても、描こうと思って描き続けることをしなければ、そこで終わってしまう。
諦めたら試合終了ですよ。。。
 
描き続けることは本当に労苦が多いですが、それでも伝えたいことがあるし、自分が生きるために描くしかないんです。
産むことは苦しさだけでなく、創る楽しみ、ずーっと後にある喜びもありますから。
深く考えながら、自分の持ち味を最大限に活かせるものを創っていきたいと思います。
 
絵のファイルや額を整理していたんですが、全てが今までの経緯であり自分の成長過程であり、宝です。
”行い”で見せる時代だから、もっと手を動かして頑張ります。